メール占いを利用する際の具体策いろいろ

メール占いのいいところを活用するには、メールを送る側の努力も必要になってきます。
とっ散らかった文章を送って望み通りの占いを期待したり、無理難題を占い師にふっかけて占い師を困らせるというのはいくらお金を払っている立場とはいえ、やっていいことと悪いこともありますし、双方にとって良いことがありません。

料金分からそれ以上の満足を得られる活用法をするためにも、占い師にばっちり仕事をしてもらうためにも、送るメールについての具体策をいろいろ紹介していきます。

出来るだけ簡潔に、余計なことを書かないことを意識するのは大事です。
占ってもらいたい文章を書くにあたって起こりがちな事態というと、例えばお金に関する不安や悩みについて書いていたのに、いつの間にか女性のことや友人のこと、家族のことといった他の不安や悩みまで入り込んでしまって文章が物凄く長くなった上に相談事が多岐に渡ってしまって、占い師はどの悩みや不安に対するアンサーをすればいいのかわからないという文章が出来上がってしまう場合があります。
占い師はどんな長文であっても何度も依頼者の文章をじっくりと読み込み、求めていることを探ったり読み解こうとしますが、それでも理解しきれない場合もあります。
相談したい内容によって、切っても切れない関係性があっていろいろと触れなければいけないことというのはあるとは思いますが、最終的になにを占ってもらいたいのか、どういうアドバイスがほしいのかというのをまとめることを大事にしながら、出来るだけ簡潔に書くことを心がけてみてください。
占い師もしっかりと文章を理解して、期待に応えてくれるはずです。

簡潔に、といいましたが、私の恋人との今後について教えてくださいといった一文だけでも占い師側は困るものです。
情報を出来るだけ文章に入れ込むこと、または文章とは別に情報を羅列して書いておくことは占い師にとってはやりやすくなりますし、より精密なアンサーを期待できます。
必要とする情報というのは占い師によって違います。
プロフィール欄などに必要とする情報について細かく書かれていると思うので、忘れずに記入するようにしましょう。

メール占いを扱うサイトの注意書きでもよく書かれていると思いますが、競馬や競艇、競輪などの結果を知りたいといったギャンブルに関する件や、投資や株といったことにも相談は受けられないというのが基本ルールです。
あくまでも自分のことや自分に関係する周囲のことを相談内容にしてください。
サイトによっては高校生以下の方の利用はできないという場合もあるので、十代の若い方は注意しましょう。

私はこの当たるメール占いからサイト選びをしています。

当たる電話占いサイトもおすすめですよ!